論文

Miyazaki, K., …. (resubmitted).

 

宮崎慧, 星野崇宏 (2016). 商品カテゴリー購買と複数ブランド購買の段階型同時分析モデル. 行動計量学, 43(2), 167-180.

 

Miyazaki, K. (2015). Examining brand-switching behavior using latent class dynamic multinomial probit models with random effects. Behaviormetrika, 42(1), 1-18.

 

宮崎慧星野崇宏 (2013). 階層ベイズ動的モデルによるブランドスイッチングの分析:グレンジャー因果性検定の利用マーケティングサイエンス, 21(1), 11-35.

  

Miyazaki, K., & Hoshino, T. (2009). A Bayesian semiparametric Item Response Model with Dirichlet process priors. Psychometrika74, 375-393.

 

Miyazaki, K., Hoshino, T., Mayekawa, S. & Shigemasu, K. (2009). A new concurrent calibration method for nonequivalent group design under nonrandom assignment. Psychometrika, 74, 1-19.

 

宮崎慧田村玄繁桝算男 (2007). ベイズ推定法による2段階潜在クラス分析行動計量学, 34, 21-31.

 

紀要等

宮崎慧・横山恵子 (2018). エシカルと生活者ー定量調査に基づく検討と提案ー 横山恵子(編)エシカル・アントレプレナーシップ―社会的企業・CSR・サスティナビリティの新展開 中央経済社 pp.159-177.
 
Yada, K., Miyazaki, K., Takai, K., & Ichikawa, K. (2017). A Framework of ASP for Shopping Path Analysis. 2017 4th Asia-Pacific World Congress on Computer Science and Engineering, 49-54.
 
Donzé, P. Y., Ishibashi, K., Wu, B., Kaneko, Y., Miyazaki, K., & Takai, K. (2017). Global Distribution of Watches: A Network Analysis of Trade Relations. In Data Mining Workshops (ICDMW), 2017 IEEE International Conference, 605-611.
  
Li, Z., Ishibashi, K., Kaneko, Y., Miyazaki, K., Shioji, H., & Yada, K. (2016). Vehicle Ownership and Economic Development. 2016 3rd Asia-Pacific World Congress on Computer Science and Engineering, 171-180.
 
Ishibashi, K., Miyazaki, K., & Yada, K. (2015). Verification of Effect on Next Purchase When Many Vice Category Products are Brought. Procedia Computer Science, 60, 1780-1787.

 

「マーケティング・リサーチを知る」「よくわかる現代経営」編集委員会 編著 『よくわかる現代経営』第9章,ミネルヴァ書房,128-141ページ,2014年3月刊

 

Miyazaki, K. (2011). An Analysis of Multi-Category/Brand Purchase Behavior with Hierarchical Bayes Multivariate Poisson Autoregressive Models. Proceedings of the 2011 World Statistics Congress. 2819-2824.

 

宮崎慧. (2011). 非集計データを用いた複数商品の競合・補完関係の分析:日用品の補完財への応用. 経済科学,59巻第143-56.

 

Miyazaki, K., Hoshino, T, & Shigemasu, K. (2010). Determining the direction of the path using a Bayesian semiparametric model. Proceedings of 19th International Conference on Computational Statistics. 1429-1436.

 

Miyazaki, K., & Shigemasu, K. A Bayesian semiparametric generalized linear model with random effects using Dirichlet process priors. (2009). Proceedings of 11th International Federation of Classification Societies 2009 Conference, Dresden University of Technology. 391-398.

 

学会発表(国内)

Miyazaki,K., & Hoshino, T. An Application of Stagewise Estimation in Latent Transition Analysis. 日本計算機統計学会設立30周年記念国際研究集会. (沖縄科学技術大学院大学, 2015年10月)

 

宮崎慧. 星野崇宏. 商品カテゴリーと複数ブランド購買の段階型同時分析動的モデル 2014年度統計関連学会連合大会(東京大学, 2014年9月)

 

宮崎慧. 星野崇宏. 商品カテゴリー購買と複数ブランド購買の段階型同時分析モデルの提案 日本マーケティングサイエンス学会(電通ホール, 2013年12月)

 

宮崎慧. 変量効果を含む動的多項プロビットモデルを用いたブランドスイッチングの探索 行動計量学会第41回大会(東邦大学, 2013年9月)

 

宮崎慧. 矢田勝俊. 顧客動線データを利用した消費者の店舗内回遊行動の探索 行動経済学会第6回大会(青山学院大学, 2012年12月)


宮崎慧. 星野崇宏. ブランド非購買に対する家庭内在庫変数およびブランドスイッチングの効果の分離と推定 2012年度統計関連学会連合大会(北海道大学, 2012年9月)


宮崎慧. 階層ベイズ動的ポアソンモデルによる複数商品購買行動の分析 行動計量学会第39回大会(岡山理科大学, 2011年9月)


宮崎慧. 星野崇宏. 動的階層ベイズモデルを用いた複数商品カテゴリー購買とブランド購買の同時分析 2011年度統計関連学会連合大会(九州大学, 2011年9月)


宮崎慧. 星野崇宏. 複数商品購買行動のための階層ベイズグレンジャー因果性分析 日本マーケティングサイエンス学会(電通ホール, 2010年11月)


宮崎慧. 項目反応理論における、非等質母集団のための新たな同時推定等化法と項目特性曲線の表現 日本心理学会第74回大会小講演(大阪大学, 2010年9月)


宮崎慧. 項目反応理論の同時推定等化における、欠測が能力値に依存する場合のパラメータ推定法について. 日本計算機統計学会第23回シンポジウム(札幌学院大学, 2009年11月)


星野崇宏, 宮崎慧, 学力調査間の等化・リンキングの条件: 欠測データモデルによる理解. 日本テスト学会第7回大会(名古屋大学, 2009年9月)


宮崎慧. 項目反応理論における、無作為でないテスト形式への割り当てがある場合のベイズ同時推定等化法. 行動計量学会第37回大会(大分大学, 2009年8月)


田中大介, 清河幸子, 宮崎慧, 山田歩. 注意の切り替えが人工文法学習に与える影響. 日本認知心理学会第7回大会(立教大学, 2009年7月)


宮崎慧, 星野崇宏, 繁桝算男. ベイズセミパラメトリックモデルを用いた因果の方向性の検討. 日本計算機統計学会第22回シンポジウム(臨床研究情報センター@神戸, 2008年11月)


宮崎慧, 繁桝算男. ディリクレ過程混合モデルを仮定した変量効果を含む一般化線形モデル. 行動計量学会第36回大会(成蹊大学, 2008年9月)


宮崎慧, 星野崇宏, 繁桝算男. ディリクレ過程混合モデルを仮定したセミパラメトリックな項目反応理論モデルとベイズ推定. 2007年度統計関連学会連合大会(神戸大学, 2007年9月)


宮崎慧, 星野崇宏, 繁桝算男. 項目反応理論における、テスト形式の割り当てが無作為でない場合の同時推定等化法の提案. 行動計量学会第35回大会(同志社大学, 2007年9月)


宮崎慧, 星野崇宏, 繁桝算男. 割り当てが無作為でない場合の多群構造方程式モデルとMCEMアルゴリズムを用いた推定法の提案. 行動計量学会第34回大会(聖学院大学, 2006年9月)


宮崎慧, 田村玄, 繁桝算男. ベイズ推定法による大規模データ解析のための2段階潜在クラス分析. 行動計量学会第33回大会(長岡技術科学大学, 2005年8月)

 

学会発表(国外)

Miyazaki, K., Hoshino, T. & Bockenholt, U. An Application of Stagewise Estimation to Monitor Latent Class Changes Over Survey Periods. 2018 Joint Statistical Meeting. (Vancouver Convention Centre, Vancouver, Canada, 2018年7月)

 

Miyazaki, K., Hoshino, T. A category-level and brand-level purchase model that allows simultaneous multiple brand purchase. 2015 Joint Statistical Meeting. (Washington State Convention Center, Seattle, USA, 2015年8月)

 

Miyazaki, K. Examining brand-switching behavior using latent class dynamic multinomial probit models with random effects. EFaB@ Bayes 250 Workshop. (Duke University, Durham, USA, 2013年12月)

 

Miyazaki, K., Hoshino, T. An Estimation Method for the Effects of Household Inventory and of Brand Switching Separately on No-Purchase Behavior for Products. The 77th Annual Meeting of the Psychometric Society. (University of Nebraska, Lincoln, USA, 20127)

 

Miyazaki, K. An Analysis of Multicategory/brand Purchase Behavior with Hierarchical Bayes Multivariate Poisson Autoregressive Models. the 58th World Statistics Congress of the International Statistical Institute. (Convention Centre Dublin, Ireland, 20118)

 

Miyazaki K., Hoshino, T. Hierarchical Bayes Granger Causality Analysis for Understanding Purchase Behaviors. The 76th Annual Meeting of the Psychometric Society. (The Hong Kong Institute of Education, Tai Po, Hong Kong, 20117)

 

Miyazaki, K., Hoshino, T, & Shigemasu, K. Determining the direction of the path using a Bayesian semiparametric model. 19th International Conference on Computational Statistics. (Conservatoire National des Arts et Métiers, Paris, France, 20108)

 

Miyazaki K., Hoshino T, & Shigemasu K. A Bayesian Equating Method for Nonequivalent Group Design under Nonrandom Assignment via Data Augmentation Algorithm. The 75th Annual Meeting of the Psychometric Society. (The University of Georgia. Athens, Georgia, USA., 20107)

 

Miyazaki K., Hoshino T, & Shigemasu K. A new concurrent calibration method for non-equivalent group design under nonrandom assignment and real data analysis. The 74th Annual Meeting of the Psychometric Society. (St. John's College, Cambridge, England, 20097)

 

Miyazaki K., & Shigemasu K. A Bayesian semiparametric generalized linear model with random effects using Dirichlet process priors. 11th Conference of the International Federation of Classification Societies. (Dresden, Germany, 20093)

 

Miyazaki K., Hoshino T, & Shigemasu K. A new equating method for nonequivalent groups design under nonrandom assignment. XXIX International Congress of Psychology. (Berlin, Germany, 20087)

 

Miyazaki K., Hoshino T, & Shigemasu K. A Bayesian semiparametric item response model with Dirichlet process priors. The 73nd Annual Meeting of the Psychometric Society. (Durham, NH, U.S.A, 20087)

 

Miyazaki K., Hoshino T, & Shigemasu K. An estimation method for causal effect on latent variables under nonrandom assignment. The 72nd Annual Meeting of the Psychometric Society. (Funabori, Japan. 20077)

 

Shigemasu K,Miyazaki K., Tamura G, Wago H, . Two-level latent class analysis with Bayesian inference. Conference on Bayesian Application and Methods in Marketing 2005. (Linz, Austria.)

 

Miyazaki K., & Shigemasu K. Multi-level Latent Class Analysis for Prediction of Choice Behavior. Japanese-German Symposium on Classification 2005. (Tokyo, Japan. 20059)